木村 善明


Profile 岡山県倉敷市玉島出身。 岡山県立岡山城東高等学校卒業。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。 東京藝術大学院修士課程オペラ科修了。 2007年に渡独。ドイツ国立カールスルーエ音楽大学付属オペラ研修所で研鑽を積み、ベルギー王立ブリュッセル音楽院国際歌曲マスタークラス卒業。フランス・トューロン音楽院ソリストコースを1等賞及び最高賞を得て首席で卒業。ベルギー・ロブス財団及び野村国際文化財団の奨学生としてベルギー・フランダース歌劇場オペラスタジオにて、オペラ公演、ベルギー各地でのコンサートに出演、最優秀の成績で修了。五島記念文化財団の奨学生として、ドイツ国立シュトゥットガルト音楽大学大学院を最優秀の成績で修了。 現在、ドイツ在住。ドイツ国立トロッシンゲン音楽大学大学院ドイツ国家演奏家資格コース在籍中。 2011年10月にはドイツの若手オペラ歌手の登竜門である2年に1度開催されるバンベルク夏のフェスティバルのオーディションで、オペラ『フィガロ結婚』の主役フィガロ役として380人の中から抜擢されヨーロッパデビューを果たす。 2012年、Opera Avantiのフェスティバルにおいてベルギー・ブリュッセルにてオペラ『フィガロの結婚』主役フィガロ役で各メディアに取り上げられ大好評を得る。 2014年、ドイツ・マンハイム歌劇場にてオペラ『フィガロの結婚』主役フィガロ役での出演が決まっている。オペラでは、東京藝術大学オペラ定期第52回『セビリアの理髪師』バルトロ役でオペラデビュー。『フィガロの結婚』タイトルロール、『魔笛』パパゲーノ、『コシ・ファン・トュッテ』グリエルモ、『シモン・ボッカネグラ』パオロ、『カルメン』エスカミーリョ、ワーグナーのオペラ『パルシファル』にてクリングゾール、『カヴァレリア・ルスティカーナ』アルフィオ、『蝶々夫人』シャープレス役、『ラ・ボエーム』マルチェッロ役にて出演。 第19回日本声楽コンクール入賞。 第28回ハンスガボア・ベルヴェデーレ国際オペラコンクール日本代表。 第1回日本歌曲コンクール優勝。 第11回さくらぴあ新人コンクール優勝し、さくらぴあ大賞受賞。 第8回J.S.G.日本シューベルト国際歌曲コンクール入賞。 近年では、スペイン・バルセロナで開かれた第21回JOSEPMIRABENT I MAGRANS国際声楽コンクールファイナリスト。 第24回友愛ドイツ歌曲コンクール優勝及び、文部科学大臣賞、聴衆者賞のトリプル受賞。 第24回五島記念文化賞オペラ新人大賞。 第14回岡山芸術文化賞グランプリ。 第14回福武文化奨励賞。