History

沿革

1966年 (昭和41年)

戦後の混乱期に岡山の合唱団や交響楽団を創設する等、岡山の音楽文化を主導した岡山県の音楽教育家、糸賀 英憲氏の提言にて、準備会発足。

1967年 (昭和42年)

石田 徹氏を初代会長として会員12名で「岡山演奏家協会」を創立、同年、設立記念演奏会開催。

1967年 (昭和43年)

「モーツアルト連続演奏会」開催。以後13回にわたる「モーツアルト連続演奏会」「バッハ連続演奏会」「ブラームス連続演奏会」「シューベルトの夕べ」「シューマンの夕べ」「ベートーベンの夕べ」「ロシア音楽の夕べ」「日本音楽の夕べ」「近代現代音楽の夕べ」などの演奏会を毎年2~3回開催。

また、同年より県内ゆかりの若い演奏家の育成・活動助成の為に「岡山県新人演奏会」を主催し現在まで継続。2022年で55回目を迎える。

1977年 (昭和52年)より

新入会員紹介コンサートとして「フレッシュコンサート」が加わる。

現在は「ヴァリアスコンサート」として毎年開催。

1986年 (昭和61年)

「設立20周年記念演奏会」開催。

1991年 (平成3年)より

「クリスマスチャリティコンサート」を開催し、県内の養護施設等への寄付など、チャリティーにも力を入れ、矢掛荘での演奏活動を続けている。

(現在はコロナ禍の為、中止中)

また、この頃より「スプリングコンサート」「オータムコンサート」を毎年開催する他、「昼下りのコンツェルト」ではオーケストラとの協演を行う。

2006年 (平成18年)

「岡山県演奏家協会」と名称変更。

2010年 (平成22年)より

「ショパン・シューマン生誕200年記念演奏会」を機に、映像やナビゲーターを駆使した、目でも耳でも楽しめる大規模な演奏会を毎年開催し、岡山県民文化祭主催事業、および岡山市芸術祭企画提案事業として認可され、生誕シリーズ、没年シリーズを開催。現在に至る。

2016年 (平成28年)

「岡山県演奏家協会生誕50周年を祝して~岡山と共に50年 そして宙へ~」を開催。 

〜 現在

毎年2、3回の主催の演奏会、および「岡山県新人演奏会」を開催。

また、既成のホールでの演奏だけではなく「おかやま県民文化祭」の「文化が街にあるプロジェクトin備前 」など、岡山県、岡山市、赤磐市、瀬戸内市、玉野市、備前市など地域のフェスティバルにも貢献している。

また、主催演奏会前日に開催しているワークショップ「古楽器とバロックダンス」や「あなたもピアニスト!!フルコンのピアノでショパンを弾こう」「雅楽を知ろう」等は 多くの参加者を集め、好評を得ている。

ルネスホールとタイアップし、アウトリーチ事業として学校公演も多数行っている。

現会員数 38名。

 

歴代会長の系譜

  • 石田 徹(1967-1975)

  • 加藤 忠(1976-1981)

  • 石田 徹(1982-2000)

  • 片山 康雄(2000-2012/現名誉会長)

  • 佐々木 英代(2013-)