岡本 都|ピアニスト


Profile

武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。上代知夫、的場喜美、R・ヒルトブラン、G・ベルゲ、A・ピサレフの諸氏に師事。東京、岡山にてリサイタルや室内楽を開催。岡山県演奏家協会の演奏会にも毎年出演。オーケストラとの協演では、ウィーン旧市庁舎、岡山シンフォニーホール、東京紀尾井ホール等において、ユーナイテットオイロッパ管弦楽団、ルーマニア国立放送管弦楽団、倉敷管弦楽団、ジャパン・チェンバー・フィルハーモニー管弦楽団等とベートーベン、グリーク、チャイコフスキー等のピアノ協奏曲を協演した。現在、県立岡山東支援学校にて、音楽で心豊かな生徒の育成を目指し現場での実践を積んでいる。岡山県演奏家協会副会長。