【レポート】木村善明によるドイツ歌曲塾2022

2022年7月30日(土)〜8月1日(日)にかけて「ビーレフェルト歌劇場専属歌手ソリスト 木村善明によるドイツ歌曲塾2022〜リートピアニスト子安ゆかり氏を迎えて〜」をルネスホールにて開催しました。


7月30日(土)31日(日)に合計13名の受講生による公開レッスンが行われ、さらに8月1日には受講生による終了コンサートが開催されました。聴講が無料でできるということで多くの方が聴きに来てくださり、受けられた方も、聴かれている方も、みなさん熱心にレッスンを受講されていました。


<受講生の声>

畑山かおり(ソプラノ)


ドイツ歌曲の研究者でもあり、最高の演奏家でもあるお二人の先生から直接ご指導いただき、歌曲と真摯に向きあえた3日間でした。

作家の紡ぎだす言葉、作曲者の音楽、彼らの作品を体現することは、パズルを合わせていくような快感でした。

2日間で2レッスンを受け、3日目に発表コンサート!というハードなスケジュールでした。

しかし、音楽を待っていてくださる満席のお客様と共有できた、今回のステージは一生の宝物です。このような勉強の機会を与えていただきありがとうございました。

(写真は、一緒に受講したピアニスト角田奈々子さん。木村先生と子安先生から、最後に出演者全員に黄色の薔薇をいただきました)