トピックス会員紹介演奏家情報年間行事会員募集リンク
会員紹介

ピアノ部門
 声楽 / 管弦打楽器 / 作曲 / 古楽器 / 民族楽器 

鴨井 敦子
 
   
国立音楽大学卒業。
故 守分睦子、服部裕充枝、萩野美穂、拝田正機、野村英子、近藤邦彦の諸氏に師事。
第22回山陽学生音楽コンクール第1位。
岡山若い芽のコンサート、教育音楽学科ピアノ演奏会、国立音楽大学同調会主催フレッシュコンサート、岡山県演奏家協会主催各コンサート、ヤマハピアノ名曲タイムコンサートに出演の他、1999年3月の初リサイタル以後、数々のソロコンサートを行う。
また、声楽、器楽、合唱等の伴奏でも多数の演奏会に出演している。
現在、音楽教室 ピアノ講師。
岡山県演奏家協会会員。


藤田 早苗
 
   
山陽女子高等学校音楽科卒業。桐朋学園芸術短期大学卒業。
卒業演奏会に出演。
第25回山陽学生音楽コンクール高等学校ピアノ部門第3位
第7回・第8回(財)日本ピアノ教育連盟主催ピアノ・オーディション奨励賞及び、本選出場。
第17回飯塚新人コンクール入選。
第8回日本クラシック音楽コンクールピアノ部門好演賞。
山縣純子・中山敬子・金澤桂子・故中島和彦の諸氏に師事。
岡山県演奏家協会会員。


今城 衣美子
 
   
倉敷市出身。山陽女子高等学校音楽科卒業。昭和音楽大学音楽学部器楽学科ピアノソリストコース(当時)を優等賞を得て卒業、同専攻科を学長賞を得て修了。
マルセイユ音楽院(フランス)マスタークラスに留学。
松井久美子、藤原美穂子、古川五巳、ジャック・ルヴィエの諸氏に師事。
2001年に神奈川・岡山にて、2005、2006年に東京・岡山にてソロリサイタル開催。
昭和フェスティバルオーケストラ、岡山フィルハーモニック管弦楽団と共演の他、声楽・器楽・民族楽器との共演で多数の演奏会に出演。
現在、昭和音楽大学・同短期大学部非常勤講師。岡山県演奏家協会、国際芸術連盟、全日本ピアノ指導者協会、各会員。


大石 邦子
 
   
大阪教育大学特設音楽課程ピアノ専攻卒業。
大阪にてモーツァルト没後200年コンサート、「21世紀のアーティスト」シリーズで大阪CMCアカデミア管弦楽団と3度共演他、ソロ、2台のピアノ等の演奏会に出演。
同時に声楽の伴奏者としても活躍。
 岡山にて「クリスマスチャリティーコンサート」やヤマハ主催の「名曲タイム」に出演。又、ブルガリア国立室内管弦楽団、ニュージーランド弦楽四重奏団と共演。1999年~2002年、シンガポール在住中にジョイントリサイタル、チャリティーコンサート、ピアノリサイタルを開催。2002年ブダペストでチャバ・キラーイ氏のピアノマスタークラスを受講。綾井加代子、岡坂恭子、小柳芳子、田中紘二、白石智英子、ジョン・シャープリーの諸氏に師事。
 現在岡山県演奏家協会議長。


岡本 都
 
   
武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。
上代知夫、的場喜美、ルイ・ヒルトブラン、ゲルハルト・ベルゲの諸氏に師事。 東京にてジョイントリサイタル、室内楽の夕べなどの演奏活動を行う。岡山ではリサイタルを始め、岡山県演奏家協会のコンサートや、武蔵野アンサンブル等に出演。また、グループ「樹の会」コンサートを主宰し、22年間連続出演してきた。’06年 ルーマニア国立放送管弦楽団 日本公演においてベートーベンピアノ協奏曲第3番を、’08年 岡山シンフォニーホールにて倉敷管弦楽団とグリークピアノ協奏曲イ短調を協演する。 ’09年にはウィーンの旧市庁舎においてユーナイテットオイロッパ管弦楽団とベートーベンピアノ協奏曲第3番を協演し好評を博す。
落合高校、北房中学校、西大寺中学校、岡山東養護学校、岡山盲学校等の勤務校を経て現在岡山養護学校教諭。音楽での感動を通して感性豊かな生徒の育成を目指し、教育現場での実践を積んでいる。
岡山県演奏家協会会員。


片山 康雄
 
   
昭和34年岡山大学教育学部卒業。
ピアノを横井和子、高西菊雄の諸氏に師事。
指揮を小泉ひろし氏に師事。
昭和52年岡山市文化奨励賞受賞。
昭和52年、平成9年全日本合唱連盟より表彰状受賞。
昭和57年岡山県合唱連盟より表彰状受賞。
卒業演奏会にベートーベンのピアノ協奏曲第3番を演奏して以来、室内楽によるリサイタルを3回行った他、モーツァルト連続演奏会でソナタ イ長調K.331、ピアノと木管のための5重奏曲、ピアノ協奏曲ニ長調「載冠式」等を演奏するなどアンサンブルや伴奏に興味を持ち、声楽の伴奏者として演奏活動も行っている。また、岡山県演奏家協会が毎年行っている「チャリティーコンサート」にも出演している。
一方、岡山混声合唱団に属して54年、数多くの名曲を指揮し幅広く楽しい合唱活動を続けている。
岡山県演奏家協会名誉会長。岡山混声合唱団団長・指揮者。特別養護老人ホーム愛光苑評議員。
学校法人由良学園あけぼの幼稚園理事。
子供達と共に学ぶ教室シニアスクール講師。




中山 敬子
 
   
大阪音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。卒業演奏会、大阪音楽大学同窓会幸楽会、岡山県演奏家協会、岡山ピアノ声楽研究会等の主催する演奏会、山陽女子高等学校音楽科定期演奏会等に数多く出演。
山陽女子高等学校音楽科で32年間、後進の指導に当たり門下生より数多くのコンクール上位入賞者を輩出。
門下生の演奏発表の場を2008年までに50回開催。
1987年大阪・岡山にて師の佐藤价子氏と共に「エアリーコンサート、真・善・美」と題し、ピアノ・デュオの夕べを開催。1999年岡山にて奥野千恵子氏と共に「詩と音楽の融合の世界をあなたに」と題し、ピアノ・デュオリサイタルを開催。2010年岡山県演奏家協会主催の「ショパン・シューマン生誕200年の軌跡コンサート」で企画、演出を手がけ、わかりやすく、美しく、深い内容との評価を得る.
また2012年10月「ドビュッシー生誕150年に寄せて」の公演、同年12月「星の記憶」と題し、ソロリサイタルの開催。2013年10月「ヴェルディ生誕200年に寄せて」を開催。
2014年9月「ウィーンに咲いた古典派の巨匠達」を公演予定。 元山陽女子高等学校音楽科講師。岡山県演奏家協会副会長、グループアンダンテ主催。佐藤价子、故中島和彦、高野耀子の諸氏に師事。



平木 雅美
 
   
京都生まれ。
幼児期より小学校2年までをブラジルサンパウロ州で過ごす。
京都華頂女子高等学校音楽科を経て、大阪音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。
ワルシャワショパンアカデミー学院セミナーにてマスタークラス修了、同修了演奏会に出演。
川崎医療短期大学通信教育部医療秘書科卒業。2002年ワルシャワショパンアカデミー学院にて夏期セミナー受講。
新卒生による新人演奏会をはじめ、「ニューイヤー・コンサート」「フランス印象派音楽と絵画の出会い」「紫蕉の音にのせて」「モーツァルトをあなたに2004」「室内楽への誘い」等、これまで数多くの演奏会に出演。
モーツァルト室内管弦楽団、松永みどり弦楽四重奏団と協演。第9回アジアクラシック音楽オーディション合格、本選にて新人賞。アーティスト選抜オーディションにおいて、3位入賞(1位なし)。
現在は京都・大阪・岡山にて活動を続ける。ヤマハ音楽教室講師。
川畑恭子、早田彩子、川村春海、出戸由記子、K・ギエルジョードの各氏に師事。
日本ピアノ教育連盟、岡山県演奏家協会、倉敷音楽協会、演奏家教育推進理事会各会員。



岡本 直子
 
   
岡山県立瀬戸高等学校卒業
くらしき作陽大学音楽学部音楽科ピアノ専修卒業
これまでに、関藤玲子、田辺緑、土居里江、山崎孝の諸氏に師事。
中国ピアノオーディション受賞者記念披露コンサート出演予定。
現在、山陽こだま楽器ピアノ講師。
岡山少年少女合唱団ピアニスト。
岡山県演奏家協会会員。


谷 以知子
 
   
4歳よりピアノを始める。
東京芸術大学附属音楽高等学校卒業。
中国短期大学音楽科卒業。
第41 、42回 岡山県新人演奏会 出演。
ヤマハジュニアオリジナルコンサート、岡山若い芽のコンサート出演。
岡山フィルハーモニー交響楽団と自作曲シンフォニックコンチェルト共演。
笹岡あおい氏に師事。
岡山県演奏家協会会員。



中山 恵
 
   
岡山市生まれ。4歳よりピアノを始める。
岡山県立岡山城東高等学校、桐朋学園大学卒業。
桐朋学園大学院大学音楽研究科演奏研究専攻(修士課程)修了。
第31回山陽学生音楽コンクール優秀賞。
2000年ヤマハPTCコンサート推薦演奏会に出演。
第17回中国ユース音楽コンクール奨励賞。
第12回レ・スプレンデル音楽コンクール審査員特別賞。
第21回日本ピアノ教育連盟ピアノ・オーディション全国大会出場およびフレッシュコンサートに出演。
2005岡山フィルスプリングフェスタにて山上純司指揮・岡山フィルハーモニック管弦楽団と、2007年桐朋アカデミーオーケストラ「協奏曲の夕べ」にて秋山和慶指揮・桐朋アカデミーオーケストラと共演。
大学卒業時にピアノアンサンブルグループKARTY(カーティー)を結成。
ソロ、ピアノデュオ、室内楽など各地で演奏活動を行う。
また2008年から約3年間、NHK教育テレビ「あなたもアーティスト 仲道郁代のピアノ初心者にも弾けるショパン」、NHK-FM「名曲リサイタル」などのテレビ・ラジオの音楽番組制作をつとめた。
2011年夏から岡山を拠点に演奏活動を展開している。これまでにピアノを大館素子、和田晴子、竹内京子、佐藤俊、三上桂子、野島稔の各氏に師事。チェンバロを有田千代子氏に、室内楽を小澤英世、藤井一興、岩崎淑、岩崎洸、藤原浜雄、新実徳英の各氏に師事。
岡山県演奏家協会会員。



野中 有子
 
   
ハンガリー国立リスト音楽院修了。
フェリス女学院大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻首席卒業。
同大学「室内楽の夕べ」、「オーケストラ共演の夕べ」出演。ホープカレッジ(米国)海外演奏旅行に派遣される。第76回読売新人演奏会、第7回調律師新人演奏会、第39回岡山県新人演奏会出演。
第12回エウテルペ国際音楽コンクール(イタリア)第1位受賞、第13回日本クラシック音楽コンクール・入選、若い芽のコンサート・遠山賞受賞。
2007年よりリスト音楽院留学。渡欧中ウィーンにても研鑽を積み、ハンガリー、オーストリア各地にてリサイタル他、伴奏者として演奏活動を行う。2011年5月、東日本大震災復興支援コンサート「リストにふれた音楽家たち」にて、リスト音楽院教授オンツァイ・チャバ氏(チェロ)と共演。同シリーズ名古屋公演出演。帰国記念リサイタル開催後は、語りとピアノでのコンサートシリーズを開始。ルネスオペラシリーズにて、ピアノ伴奏を務める。またピアノ、ソルフェージュの講師としても後進の指導にあたる。
これまでに、ピアノを故坂井百合子、矢木裕子、新谷祐子、岩崎淑、宮原峠子、F・クルムプック、A・ネメティ、L・イシュトヴァンの各氏に師事。室内楽及び伴奏法を、服部容子、R・ホフマン、E・バールの各氏に師事。現在、ぎふリスト音楽院マスタークラス・チェロ部門伴奏者、ルネスアンサンブルピアニスト・岡山県立岡山城東高等学校非常勤講師。
岡山県演奏家協会会員




貫井 美愛
 
   
4歳よりピアノを始める。
岡山県立岡山城東高等学校卒業。
中国短期大学音楽科ピアノ専攻卒業。 同大学専攻科音楽専攻卒業。
1999年 若い芽のコンサートにて群馬室内管弦楽団と共演。若い芽賞。
第9回日本クラシック音楽コンクール全国大会小学校の部入選。
2002年 第37回山陽学生音楽コンクール優秀賞。
2007年 第4回上代記念コンクール高校の部第1位。
「音楽のささげ物~クラシックスタイル全集」オーディション、倉敷ケーブルテレビ賞。
2011年 第36回中四国新人演奏会に出演。
2012年 第22回日本クラシック音楽コンクール全国大会大学の部入選。 2013年 第38回中四国新人演奏会に出演。第46回岡山県新人演奏会に出演。
これまでに三好順子、青木俊子氏に師事。
岡山県演奏家協会会員。




西﨑 仁美
 
   

桐朋女子高校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業在学中はピアノを(故)坂井百合子、干野宜大、アンドラーシュ・ケメネシュ各氏に、二重奏を斉木孝、中川賢一両氏に、室内楽を藤井一興氏に師事。2006年、岡山シンフォニーホールにて、岡山フィルハーモニック管弦楽団と共演。在学中に、第1回ソロリサイタル開催,桐朋卒業生による新人演奏会、岡山県新人演奏会に出演。
2007年国立ショパン音楽大学へ入学、ブロニスワヴァ・カヴァラ氏に師事。学内演奏会にて、現代作曲家、トヴァルドフスキ氏の曲を演奏し、招待演奏を依頼される。
2009年ワルシャワ市民オーケストラとラヴェルのピアノ協奏曲ト長調を共演2011年ポーランド国内での学内エチュードコンクールにて特別賞受賞。イブラ国際音楽コンクール(イタリア)にて、リスト賞受賞。 
2011
年ショパン音楽大学を優秀な成績で卒業。岡山にて帰国記念リサイタルを開催。
2012年第13回大阪国際音楽コンクールにてファイナリスト。
2013年第14回ショパン国際ピアノコンクールin Asiaにて全国大会第2位、アジア大会奨励賞受賞。ポーランド・ミンスクの演奏会では、レコード会社のプロデュ―サーに認められ、CD録音する。
現在、全日本ジュニアクラシック音楽コンクール審査委員、東京国際芸術協会、関西桐朋会会員。音楽事務所J-MUSICART所属ピアニスト。岡山県演奏家協会会
員。





橋本 里香
 
   

倉敷市出身。
倉敷青陵高等学校卒業。
大阪芸術大学へ特待生として入学し、在学中交換留学生としてウィーン国立音楽大学に学ぶ。
現地のベーゼンドルファー・サロンにてベーゼンドルファー社主催のトリオリサイタルに出演。
帰国後、大阪芸術大学を首席で卒業。大阪芸術大学大学院修了。
2009年、大阪ザ・フェニックスホール、岡山テルサホールにてデビューリサイタルを開催。
2011年、2012年には延原武春指揮テレマン室内オーケストラと新春特別演奏会で共演。2013年岡山フィルハーモニック管弦楽団と共演。
デビュー以来の大阪・岡山を拠点としたソロリサイタル、オーケストラとの共演、室内楽など一連のコンサートは、いずれも好評を得ている。
これまでに、岡縁、日高七重、Y.イェラチェック、荒憲一の各氏に師事。
岡山県演奏家協会各会員。





重利 和徳
 
   

岡山県立岡山城東高校、東京藝術大学音楽学部器楽科、くらしき作陽大学音楽部音楽科モスクワ音楽院特別演奏コース卒業。

くらしき作陽大学音楽専攻科ピアノ専攻修了。
ピアノを筒井恵子、日高七重、笠間春子、アンドレイ・ピサレフ、ウラディミール・オフチニコフ、山崎孝の各氏に師事。

第26回山陽学生音楽コンクール高校の部第1位、第46回全日本学生音楽コンクール大阪大会第1位、第76回読売新人演奏会出演。フッペル平和記念第13回鳥楢ピアノコンクールにてフッペルグランプリ及びコンチェルト大賞受賞。くらしき作陽大学創立40周年記念演奏会で、オーケストラ・アンサンブル金沢とベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」、出雲フィルハーモニーアカデミーオーケストラとグリーグのピアノ協奏曲、福岡室内合奏団とベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番、倉敷管弦楽団とサン=サーンスのピアノ協奏曲第5番「エジプト風」を演奏。
第9回上代記念音楽コンクールにて、最優秀指導者賞受賞。
WINER MUSIC SEMIAR(International Master Classics 2013)にて、Johannes Kropfiseh師に指示。
全日本ピアノ指導者協会(PTNA)正会員、日本ピアノ教育連盟、岡山県演奏家協会各会員
現在、くらしき作陽大学・作陽音楽短期大学、講師。



川野 七彩
 
   

愛媛県出身。
愛知県立芸術大学音楽学部器楽専攻ピアノコースを卒業後、くらしき作陽大学大学院音楽研究科演奏芸術領域ピアノ専攻を修了。
在学中、学内選抜により、2台ピアノにて愛知県立芸術大学音楽学部第45回定期演奏会、室内楽にて大学の新校舎室内楽ホールのこけら落とし公演に出演。第23回京都フランス音楽アカデミーにて、G. プルーデルマッハー氏のクラスを受講。愛媛にてピアノジョイントコンサートを開催。第9回ベーテン音楽コンクール大学・院生A部門全国大会第4位入賞、受賞者記念演奏会に出演。大学院在学中より美術館などで演奏活動を行う。
これまでにピアノを中西のぞみ、熊谷恵美子、永岡信幸、竹内京子、木村かをり、Y. スレサレフ、A. カマロフ、A. ヴェルシーニン、V. グリャズノフの各氏に師事。
現在、くらしき作陽大学非常勤講師。岡山県演奏家協会会員。




小川 佳那子
 
   

山陽女子高等学校音楽科ピアノ演奏家専攻、神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒業。
‪第46回山陽学生音楽コンクールピアノ部門高校生の部第1位。
‪第9回上代記念音楽コンクール高校生の部第1位・おかやま県民文化祭賞受賞。
‪第20回フリューゲルピアノコンチェルトフェスティバル「夢コン」全国大会シニア部門第1位。
‪第13回ショパン国際ピアノコンクールinASIA 高校生の部 全国大会出場。
‪第24回日本クラシック音楽コンクール大学女子の部ピアノ部門全国大会出場。
‪第36回飯塚新人音楽コンクール5位入選。
‪山陽女子高等学校定期演奏会にて、倉敷管弦楽団と2回共演。
‪大学のオータムコンサート、新人演奏会に出演。
‪これまでにピアノを日高七重、重利和徳、近藤邦彦、古川五巳、上村英郷、岡田将、Ya-Fei Chuang、エレクトーンを小林一美の各氏に師事。
‪岡山県演奏家協会会員。




小西 智恵美
 
   

   金沢市出身。くらしき作陽大学音楽学部モスクワ音楽院特別演奏コース卒業。
加藤 一郎、米谷 治郎、ウラジル・オプチニコフの各氏に師事。

第8回日本クラシック音楽コンクール第4位および審査員特別賞。

  金沢音楽市音楽コンクール第1位および金沢市長賞。

  福井県音楽コンクール1位および福井県知事賞。

いしかわミュージックアカデミーに参加し、IMA音楽奨励賞。

くらしき作陽大学/モスクワ音楽院の選抜学生によるコンサートに出演。

    くらしき作陽大学管弦楽団/オーケストラアンサンブル金沢特別演奏会のソリスオーディションに合格。故岩城 宏之指揮による特別演奏会に出演。

    国内外の著名なアーティスト、オーケストラと共演し、また、伴奏ピアニストとして数多くのコンクールやコンサートに出演するなど、幅広く演奏活動を行っている。




岡山県演奏家協会コピーライト